みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

シンクに水垢をためない!綺麗に保つたった1つのコツ!

      2018/11/02

シンクは、キッチンの中でも1、2位を争うくらい目立つ場所です。

そのシンクがピカピカだと、キッチンが綺麗だなー、という印象になります。
でも、ずっとピカピカを保つのは大変そう。

汚れてきたら磨けばいいか。
と、私は今まで思ってました。
実際に、なんとなく汚れてきたら磨いてました。

だけどそうすると、水垢がなかなか落ちないんです。
濡れていると綺麗に見えるのに、乾くと白く水垢が浮き出てきて。

重曹やクエン酸を使ったりしても、そのときは綺麗になるけど、しばらくすると汚れてきて、また磨かないと。

なんとか、ずっと綺麗に保つ方法はないのかなー。

と、調べてみると一つのコツを見つけました!
それをしたら、今のところシンクをピカピカに保つことができてます。

今回は、シンクの磨き方ではなくて、一度きれいにしたシンクをそのまま綺麗に保つコツをご紹介します。

スポンサーリンク

水垢をためない

色々と調べると、シンクを濡れたままにしておくのが水垢の原因らしいです。

そういえば、車を洗った後、濡れたままで乾かすと大変なことになります。
水滴の跡がポツポツと。

だから洗車したら、拭き取るのは当たり前ですよね。

ということは、シンクもいつも拭けばいいんです!

そこで私は、洗い物が終わったら、残った洗剤でシンクも洗うことにしました。

一度シンク全体をきれいにしているので、さっと洗うだけで大丈夫です。
ついでに蛇口やシンクに続いている横の作業台なども洗ってしまいます。

そしてタオルやふきんで水を拭き取り、最後に乾いたふきんなどで拭きます。

これをいつもするようにしたら、水垢がつかなくなりました。

41987a53b12e31b052c6af829b60dfd6_m
※写真はイメージです。

いつもピカピカなので、定期的に磨く必要もなくなりました。
なかなか取れなかった水垢も、いつの間にかなくなってました。

やったー。

まとめ

いつもシンクを洗うようにすると、食器を洗った後はシンクも洗って拭く、という癖がつくので、面倒くさがりの私にはピッタリでした。

うちには洗い桶もあるので、それも洗って乾かしています。

いつもやっていると、綺麗にしておくのが癖になってきます。

この応用で、最後に使ったタオルで洗面台全体と鏡をふき取ってから、洗濯するようにしています。

シンクがきれいだと、次に使うとき、気持ちがいいですよね。

よかったら試してくださいね。

関連



 - 家事, 雑学 , ,