みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

ひびやあかぎれにはユースキンAがかなりいい!

      2017/10/23

みなみです。

冬の寒い時期、水仕事はつらいです。

空気も乾燥しているため、ひびやあかぎれになってしまうこともあります。
とくにお湯を使うとひび割れやすくて辛いです。
そうなると、水がしみたりして、さらにつらいです。

私の場合、指の爪の横がパックリと割れてしまうことが多いです。

割れてしまうと、ちょっと触るだけでも痛いです。

普通の保湿できるハンドクリームでは、ひびやあかぎれになってしまうとなかなか治りません。

でもそんなとき、私はユースキンAを塗ると、治ってしまいます。

私の母も、いつも冬はあかぎれがひどく、絆創膏を貼ったりしてましたが、ユースキンAを使うようになったら、すぐに治るようになったと言います。

ユースキンAって何者?

スポンサーリンク

ユースキンAの使い心地

ひどいあかぎれでも治ってしまうユースキンA。

黄色いクリームで、最初は結構べたつくような感じがしますが、塗ってから少し経つと、気にならなくなります。

このべたつき具合が、ひびやあかぎれに効くのかもしれないです。

なので、ユースキンAは欠かさないように、何度もリピートして買ってますよ。

以前働いていた水仕事が多い職場でも、ユースキンAが常備されていました。
プロにも愛用されている、という感じですね。

ところで、ユースキンAの何がひびやあかぎれに有効なんでしょうか。

成分を見てみると、ビタミンEとビタミンC、グリチルレチン酸、dlカンフル、グリセリン、ヒアルロン酸ナトリウムなどがあります。

それぞれの成分の特徴は?

パッケージにある成分の特徴を見てみました。

ビタミンE
血液の流れを良くします。

グリチルレチン酸とdlカンフル
炎症をしずめます。

グリセリン
柔軟性を回復し、うるおいを高めます。

ビタミンCとヒアルロン酸ナトリウム
うるおいを与えます。

中でもグリセリンは吸収性が高く、保湿効果の他に、外部からも水分を取り込んで保湿してくれるんです。

これらの成分が、炎症をおさえて保湿もしてくれるおかげで、あかぎれも治ってしまうんですね。

まとめ

ユースキンAはひび・あかぎれに有効です。

でも、あまりにもひどい場合は、手湿疹などの疑いもあるので、一度皮膚科などで診てもらいましょうね。

関連



 - 生活, 美容 , , ,