みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

Amazonプライムに登録するつもりがないのに登録されてた?!スマホからAmazonを利用するときの注意

      2017/09/21

みなみです。

先日、友人がAmazonで買い物をしようとしたところ、知らずにいつの間にかAmazonプライムに登録してしまっていたそうです。

AmazonプライムとはAmazonのサービスです。
Amazon Prime

Amazonのホームページには次のように書いてあります。

Amazonプライムは、年間プラン3,900円(税込)または月間プラン400円(税込)で、迅速で便利な配送特典や、プライム・ビデオ、Prime Music、プライムフォト等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。

参考:Amazonプライムについて

月400円でプライム・ビデオやPrime Musicが利用できるのは、他には無いとてもお得で便利なサービスだと思います。

ただ、その友達がなぜAmazonプライムに登録するつもりが全くないのに登録してしまったのかが問題です。
その原因は私にも思い当たることがあるのですぐにわかりました。

スポンサーリンク

まぎらわしいボタン

今回のことは、スマホからAmazonで買い物をするときに起こりやすいことだと思います。
実際に私の友人もスマホから注文して、知らずに登録されてしまったと言ってました。

どんな感じかというと、スマホからAmazonで買い物をしてお会計すると、「配送オプション」を選択する画面になります。
こんな画面です。

一番上の「無料のお急ぎ便(プライム)」を選択するとAmazonプライムに登録されてしまいます。
それをわかった上で、ちょっとお試しするつもりなら問題ありません。
その際は、お試し期間は30日間なので気を付けましょう。

でもプライムに登録するつもりがないのならば、一番上の「無料のお急ぎ便(プライム)」は選択せずにその下の「通常配送」から下を選択します。
ここで例えば「通常配送」を選択したら、この後の手続きはそれで進むと思いますよね。

ところが、支払方法やお届け住所などの指定が終わると、こんな画面が現れるんです。

これは多分、注文手続きの画面ではなく、Amazonプライムの広告なんだと思います。
よく読めばもちろんわかります。

でもそれまでの手続きの「次へ」のボタンと同じ色と形で「登録して次へ」というボタンがあります。
この「登録して次へ」とは、Amazonプライムへ登録するボタンです。
パソコンなら別のウインドウで現れるので、広告だとわかりますが、スマホだと画面いっぱいに表示されるので、それまでの手続きと勘違いしてしまいます。

それに一度、Amazonプライムを選択しなかったので、安心して進んでしまうということもあると思います。

ここでは黄色い「登録して次へ」ボタンは押さずに、その下にある小さい青い文字の「Amazonプライムに登録しない」をタップしないとAmazonプライムに登録されてしまいます。

Amazonプライムに登録しない場合は気を付けましょう。

登録するつもりじゃないのに登録してしまったら

Amazonプライムに登録すると、登録したことを知らせるメールが届きます。
友人はそれで気が付いたそうです。

もし登録するつもりがないのに登録してしまった方は、30日間は無料お試し期間なので、その間に解約すれば会費はかかりません。
解約の手続きはAmazonの「アカウントサービス」のページからできます。

プライムに登録したメールに気づかなかったら、自分がお試ししていることにも気づかないので、期限が過ぎてしまうこともありますよね。
Amazonプライムはクレジットカードでの支払いでしか利用できないので、クレジットカードの請求書でやっと気づく場合もあるかもしれません。

でもお試し期間を過ぎてしまっても、過ぎてしまった期間中に一度もAmazonプライムのサービスを利用していなければ返金してもらえるはずです。
「無料のお急ぎ便(プライム)」を利用してしまったら、それはプライムのサービスを利用したことになってしまうので、会費がかかってしまいます。
もし利用してしまっていたら、この際、プライムのサービスを満喫してしまいましょう。

まとめ

私の友人は解約のために電話で手続きをしたのですが、窓口の方は間違えて登録してしまった方からの問い合わせに慣れている感じだったそうです。

やっぱり同じように登録してしまう方が多いのでしょう。

メールが届いて気が付けばいいですが、もし気が付かなかったら登録したままという方もいるのではないでしょうか。

Amazonプライムのサービス内容はとてもいいものなので私もおすすめなんですが、普通のショッピングで間違えて登録してしまう可能性のある表示の仕方はどうかなと思います。

Amazonで買い物をするときは気を付けましょうね。

関連



 - 日記, 生活 , ,