位置情報がわかるAppleのエアタグ(AirTag)の使い方を考えてみる

本ページはプロモーションが含まれています。

iPhone

Appleのエアタグ(AirTag)って使ってますか?
エアタグとは、位置情報を発信して場所を伝えてくれる端末?グッズ?です。

大きさは500円玉くらいで、少し厚みがあります。

私はこのエアタグを、Appleの初売りセールでiPhoneを買った時に、先着何名かにプレゼントされるイベントで貰いました。

なので自分で買ったわけではありません。
しばらくの間は使ってなかったんですが、せっかくあるんだからと使ってみることにしました。

でもどうやって使う?

スポンサーリンク

Appleのエアタグとは

Appleのエアタグ(AirTag)は位置情報を教えてくれる小さいタグです。

エアタグの電源はCR2032 3Vのコイン型の電池です。

電池の残量が少なくなると位置情報を共有しているiPhoneやiPadにお知らせが来ます。

購入するとすでに電池が入っていて、その最初に入っている電池はだいたい1年くらい持つと思います。
なので1年に1度電池交換をすれば後は何もしなくても大丈夫です。

ただ、エアタグの電池の残量はiPhoneからもどこからも確認することはできません。
電池残量が少なくなったときにエアタグから警告音が鳴るだけです。
電池交換の目安がわかるように、iPhoneやどこかに交換した日をメモしておくといいです。

エアタグはそれ自体から位置情報が発信されているので、iPhoneで登録すると「探す」アプリから探すことができます。
探すときにiPhoneから「サウンドを再生」をタップするとエアタグから音が鳴ります。

エアタグにはiPhoneで名前を付けることができます。
いくつか購入して色々なものに付けるときは、何の位置情報かがわかるので便利です。

また、「探す」アプリで「手元から離れたときに通知」をオンにしておくと、エアタグがiPhoneから離れるとiPhoneに通知が来ます。

エアタグ(AirTag)の特徴

  • 電池(CR2032 3V)で作動する
  • 電池は約1年持つ
  • iPhoneの「探す」で探せる
  • 名前を付けることができる
  • iPhoneから「サウンドを再生」ができる
  • 手元から離れたときに通知できる

エアタグを持ち歩くためのキーホルダー

エアタグは500円玉くらいの大きさの平たい形です。


そのままだと無くしてしまいそうなので、あ、位置情報がわかるから無くさないか。
とにかく持ち運びに悩むので、私は専用のキーホルダーを買って使ってます。

Appleでも専用のホルダーが売られていますが、ちょっとお高いので他のところで買いました。

こんな感じで皮っぽい合皮のホルダーに入れて車のキーホルダーとして使っています。
これだけでもキーホルダーとして使えるし、ちょっとかっこいいです。

エアタグの使い方を考える

キーホルダーって私は出かけるときはだいたいいつもバッグに入れたままで、ほとんど無くさないと思うので、位置情報を把握している意味がないような気もしてます。
バッグを置き忘れたりしたときなら使えますけど、それもあまりないかも。

ただ、キーホルダーをなくすというか、バッグの中で見つからなくなることはあります。
でもそれって位置情報では探せないですよね。
ここにあるのはわかってるし。
バッグのどこ?ってなってもそこまではわからないから頑張って探すしかないです。

あ、でもiPhoneの「探す」アプリから「サウンドを再生」をすればわかります。
なのでどうしても見つからないときには使えます。

財布を無くしやすい人は財布に付けるか、小銭入れに入れたりするといいと思います。
500円玉より大きいので間違えて支払いの機械に入ることはないとは思います、多分。

それから、一度エアタグを車に置いてみたんです。
車なら駐車場のどこに停めたかわからなくなったときに使えるかなと思って。
確かに広ーい駐車場なら使えるんですけど、あんまりわからなくなることがなかったのでやめました。

私の車は古くて誰も盗まないと思いますが、新しい車や大事な車に入れておいて盗難対策に使うのはいいと思います。

他には子供の通学用バッグに入れておくことも考えてみました。
スマホを持ち込めない学校の場合には有効だと思います。

ただ、電池がなくなる頃になると、何回もエアタグから警告音が鳴るんです。
その警告音はiPhoneなどの端末からじゃないと止まらないんです。
で、もし授業中に鳴ってしまったら大変なので、やめました。

通学バッグにはずっと入れておくんじゃなく、何か心配な日や使いたい日だけ持たせるとかならいいかもしれないですね。
そのときは電池の残量が十分あるものを持たせるといいですよ。

エアタグはいつも持ち歩くもので無くしやすいものや、無くしたら困るものに付けておくのがいいと思います。
または、位置情報を把握したい子供の持ち物または子供の服に付けて迷子対策にするとか。
それいいかも。

あとは、スーツケースに入れておいて紛失を防ぐなど。
旅行での大事なものが入ったバッグまたは、バッグに入れたさらに大事なポーチに入れてスリ対策……はちょっと危険かもしれませんね。
スられても追いかけるのは危険です。
でも警察に届けて見つけやすくするためにはいいかもしれないです。

  • エアタグの使い方のアイデア
    • 車の中(盗難対策)
    • バッグ
    • 財布
    • スーツケース
    • 子供に付けて迷子対策

他に何かいい使い方はないでしょうか。
私は今は結局キーホルダーに付けて使ってます。

スポンサーリンク

まとめ

Appleのエアタグは1つ5千円くらいするんですね。
でもそれで大事なものの位置を知ることができるなら、アイデア次第ではとても便利な道具だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました