クレジットカードの限度額を下げたら異常利用のお知らせがきて利用制限になった?という話

本ページはプロモーションが含まれています。

生活・雑記

どこかのニュースサイトでクレジットカードが不正利用されたという記事を読んだとき、私もカードが不正利用されたらどうしようという不安に襲われました。

もしも不正利用されたとしても、私は引き落とされるまで気づかない気がするからです。
引き落とし前に不正利用に気づけばなんとか引き落としされないように対処してもらえると思います。
でも引き落としされてしまった後では、お金は戻ってこない可能性があります。

さらに私は引き落とされてもしばらくは気づかないかもしれません。
そしてきっと不正利用され続けて、銀行口座の残高がゼロになって銀行から引き落としができないというお知らせが来て初めて気づくんです。

なので心配になってすぐに、1か月で使える限度額をそれまでの50万円から最小の15万円にしました。
もしも不正利用されたとしても15万円ならなんとか諦めがつくからです。
いや、つかないですけどね。
それに15万円を1か月で使うことはほとんどないので問題ないと思ったんです。

でもこのことで、ちょっとした問題が起こりました。

スポンサーリンク

クレジットカードの異常利用のお知らせ

子供が高校を卒業したとき、結構いろいろと支払いをすることが何度かあって、クレジットカードの限度額ぎりぎりになってしまいました。
子供が高校を卒業した後って、今までで一番お金がかかる気がします。

大学の入試入学金授業料、他に運転免許証を取る場合は教習所代、車が必要なら車の購入、一人暮らしをするなら引越しと賃貸料などなど。
気絶しそうです。
貯金は大事ですね。

その中でクレジットカードで払ったのは自動車教習所の教習代です。
一括で払えばクレジットカードのポイントがかなり貯まると思ったんですが、15万円までしか使えないと気づいて10万円だけクレジットカードで支払って、残りは現金で払いました。

その少し後に、今度は大学生になるお祝いとして子供のiPhoneを購入したんです。

でも、そのときは教習所代がまだ引き落とされていなかったので、Appleの支払いがエラーになってしまい、購入が一時停止されていました。
そうだ、今はまだ限度額いっぱいに使っているところだったと気づいて別のクレジットカードで支払いをしました。

なんだか自分で不正利用しているみたいな気がしてきました。

そうこうしていたら、スマホに「クレジットカードの異常利用のお知らせ」というメールが届いたんです。
異常利用のためにカードの利用を制限します、というような内容でした。

まあそうか。
今は限度額がいっぱいだから制限されるんだな、と考えました。
今までクレジットカードを限度額いっぱいまで使ったことがないので、限度額いっぱいに使うとこうなるのか、と思ってました。

そしてこれなら不正利用されたとしてもすぐにわかるから安心だなとも思いました。

クレジットカードが利用制限されてる?

でも今回は自分で心当たりがあるので問題ないと思い、そのお知らせメールに記載されていたリンクをクリックして報告しようとしました。
でもリンクが無効になって繋がりません。
なんで?
そんなにすぐに無効になるリンクなの?

まあいいか。いつもと比べれば確かに異常な利用の仕方ではあるけど、自分で了承していることだし。

と思って放っておいたら、別の日にまた同じメールが届きました。
はいはい、では連絡してみるか。と思ってまたリンクをクリックすると、また無効です。
なんなんだ?

とにかく今のところはカードが利用制限されていて使えないんだと思ってました。

ただ、そういえば昨日スマホのiDで支払いしたことを思い出しました。
スマホには今回限度額いっぱいに利用しているクレジットカードに紐づけしたiDApple Payに登録してあります。
その支払いは問題なくできたんです。
もしもカードが制限されていたらiDも使えないはずでは?
それともiDは時差があるからとりあえず使えた?

なんだか気になってクレジットカードのサイトにログインして支払い状態を確認してみました。
すると、いつも通りの現在のクレジットカード利用額と次の支払いの引き落とし額が表示されていて、利用制限されているなどという情報はどこにもありませんでした。
どういうこと?

あのメールは何?

もう一度あのメールを見てみました。
そういえば、送信元はクレジットカード会社ではなく「マスターカード」からでした。
マスターカードはクレジットカードの事業をしている会社だけど、私はそのシステムを使った別のクレジットカードを使っているので、マスターカードから直接連絡は来ないんじゃ?

そう思ってちょっと調べてみたら、今そういう詐欺のメールがあるということを知りました。
あ、詐欺メールか。

いつもなら無視するメールだけど、今回は異常利用されたことを心配したんじゃなく、その異常利用は本人ですよってこちらからお知らせしたくてクリックしてしまいました。
でもなぜかリンクが無効になっていたので引っかからなくてすみました。

もしかしてスマホのセキュリティアプリか何かでブロックできたのかもしれません。
よくわかりません。

つまり、クレジットカードは限度額ギリギリに使ってはいたけど、利用制限はされていなかったんです。

そこに偶然、「異常利用のお知らせ」という詐欺メールが届いたということです。
もしクリックして繋がったらどんなことになっていたのかはわかりません。
でも、やっぱりメールで何かのお知らせが届いたりしたときは、そのメールのリンクをクリックするんじゃなく、ブラウザアプリからブックマークしたサイトなどへアクセスして確認した方がいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

オレオレ詐欺だって、かかってきた電話の内容をそのまま受け入れてしまって引っかかることが多いので、一度電話を切ってから本人へ直接電話して確認するのが大事です。

これはオレオレ詐欺だけじゃなく、警察を名乗る電話や市役所からの還付金のお知らせなどもそうです。
一度電話を切ってから掛けなおすのが大事です。
これと同じことでした。

でも、一度思い込んでしまうとそのまま行動してしまう私はちょっと危ないですね。
以前もNTTのフレッツ光だと思って光コラボの契約をしてしまいましたから。

これからも引っかからないように気を付けようと思います。

関連:フレッツ光が安くなるという電話が来た!?それは光コラボへの転用かも

コメント

タイトルとURLをコピーしました