iPhoneのステッカーを写真に貼り付けて使う方法

本ページはプロモーションが含まれています。

iPhone

iPhoneのステッカー機能を使って、写真にステッカーを貼ることができます。

iPhoneのステッカーは、iOS17から追加された機能で、写真の一部を自動で切り取ってステッカーとして使えます。
ステッカーにした画像は背景が透過されます。

切り取ったステッカーはiPhoneの「メッセージ」アプリやLINEなどで使えますが、その他に写真に貼り付けることもできます。

というわけで、今回はiPhoneのステッカーを写真に貼る方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

写真からステッカーを作る

まずは、写真からステッカーを作ります。

iPhoneの写真アプリを開いて、ステッカーを作りたい写真を選択します。

写真の中でステッカーにしたい部分を指で長押しします。
すると、長押しした部分の輪郭がキラッと光ってメニューが表示されるので、
ステッカーに追加」をタップします。

ステッカーのウインドウが出たら、「エフェクトを追加」をタップします。

画面の下にエフェクトが表示されるので好きなエフェクトを選択します。
アウトライン」は周りを白くふちどります。

コミック」はイラストっぽくアレンジされます。

ぷくぷく」は写真の縁が少し膨らんで見えます。

ちょっと写真だとわかりづらいですね。

キラキラ」はキラキラシールっぽくなります。

エフェクトを選択したら右上の「完了」をタップします。

このエフェクトは、ステッカーを貼るときにステッカーを長押しすると後からでも変更することができます。

これで切り抜いた写真がステッカーに登録できました。

次に、このステッカーを写真に貼り付けていきます。

写真にステッカーを貼り付ける

ステッカーを貼り付けたい写真をアルバムから選択します。
この方法は、iPhoneのアルバムにある写真に直接ステッカーを貼り付けて編集するので、もし元の写真は編集したくないという場合は写真を複製してから編集するようにしてください。

編集する写真を複製しておく

写真を複製するには、複製したい写真を開き、右上の丸の中の「」をタップして
複製」をタップします。

するとアルバムの中で同じ写真が1枚増えます。
念のためにアルバムに同じ写真が2枚あるか確認しておきましょう。

写真にステッカーを貼る

複製した写真を選んで、画面の右上の「編集」をタップします。

上の丸いペンのアイコンをタップします。

画面の右下の「+」マークをタップします。

ステッカーを追加」をタップします。

ステッカーのウインドウが出たら、左から2番目のアイコンをタップします。

すると登録したステッカーが表示されるので、貼り付けたいステッカーをタップします。
※ここでステッカーを長押しするとエフェクトを変更できます。

写真の上にタップしたステッカーが貼り付けられます。
指で拡大したり縮小して好きな場所と大きさに調整します。

空にドーナツって。

できたら右上の「完了」をタップします。

これで良ければ右上の黄色いチェックマークをタップします。

以上で編集は終わりです。

ちなみに、ここで編集した写真は日付情報が変わらないので、アルバムの中の元の撮影日順に表示されています。
なので、かなり以前の写真ならステッカーを貼った写真もその日付の場所にあります。

編集した写真を元に戻す

写真を複製しないでアルバムから編集すると、元の写真を直接編集することになり、元の写真ではなくなってしまいます。

でもアルバムで編集した写真はすぐに元に戻すことができます。
ただし、元に戻すと編集の内容は全て失われ、編集した状態には戻せません。

元の写真に戻したいときは編集した写真を開いて右上の「編集」をタップします。

次に右上の赤い「元に戻す」ボタンをタップします。

すると、貼り付けたり編集したもの全てが消えて編集する前の写真に戻ります。

なのでもし元の写真を残したまま編集したいときは、始めにその写真を「複製」しておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

iPhoneのステッカーはメッセージアプリでしか使えないと思っていましたが、写真に貼り付けて使うことができるので、写真アプリに保存した画像なら貼り付けることができます。

たとえばスクリーンショットに貼り付けたり、LINEカメラなどで作った真っ白な画面や背景を写真に保存して貼り付けてみたり。

アイデア次第で楽しい使い方ができるので、是非使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました