みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

年賀状をスマホで簡単に作ってみた!

      2018/11/02

みなみです。

今年ももう、年賀状を準備する時期になりました。
もう12月だし、ちょっと出遅れてる?

ところで年賀状って、どうやって書いてますか?

私は、ここ数年はパソコンの「筆ぐるめ」でずっと作ってます。
理由は住所録が入っているから。

みなさんもやっぱりパソコンで作ってますか?
もしかして手書き?

手書きもいいですね。
心がこもった感じがします。

でも、枚数が多いと手書きだけで仕上げるのは大変ですよね。

いつものようにパソコンで作るのもいいですが、最近はスマホで簡単に年賀状が作れるアプリがあるので、どんな感じか、ちょっと使ってみました。

年賀状作成用のアプリはいくつかありますが、今回は私が使ってみてよかった、おすすめのアプリをご紹介しますね。

スポンサーリンク

年賀状作成アプリ

実際に私が使ってみて、とても使いやすかったものが、こちらの「Brother 年賀状プリント」です。

iPhone用 Brother 年賀状プリント

Android用 Brother 年賀状プリント

The app was not found in the store. 🙁

Brotherのプリンターじゃないと、アプリからWi-Fiでの印刷はできないように思ってしまうかもしれませんが、プリントできる方法はいくつかあります。

スマホとプリンターが接続できないとき

アプリからの印刷でプリンターが接続できないときは、印刷のページで、一番上に共有マークが出るので、スマホと接続できる自宅のプリンターで印刷できます。

スマホとプリンターが接続できないときは、共有マークからGoogleドライブなどのクラウドに保存して、パソコンで開いてダウンロードし、プリンターと接続してあるパソコンからプリントすることもできます。

では、「Brother 年賀状プリント」で実際に年賀状を作成してみますね。

Brother 年賀状プリントで年賀状を作成してみる!

まずはアプリをダウンロードし、起動します。

「年賀状作成」をタップします。
すると、裏面と宛名面を選べます。
宛名まで作れちゃうんですね!

今回は裏面を作成します。

「裏面(通信面)の作成」をタップすると、「デザインテンプレート」か、「写真レイアウト」か、「お気に入り素材合成」が選べます。

ここでは「デザインテンプレート」にしてみます。

それぞれのテンプレートで「ベーシック」「カジュアル」「プレミアムコンテンツ」の3種類から選べます。

※「プレミアムコンテンツ」は、Brother Onlineに登録していないと使えません。
(登録は無料です)
「プレミアムコンテンツ」はチェブラーシカとおさるのジョージのデザインで、合わせて5種類です。

デザインテンプレートは、「ベーシック」「カジュアル」でそれぞれ30種類くらいあります。

私は「ベーシック」の、こちらのデザインにしてみます。

デザインを選択するとテンプレート編集画面になりました。
「差出人 コメント入力欄」がありますが、今回は入力しません。

下に「スタンプ」のボタンがあるので、タップしてみます。
すると、スタンプがたくさん出てきました。

「イラスト」と「メッセージ」の2種類があります。
ここでは「メッセージ」の雪だるまのスタンプを押してみます。

位置と大きさ、向きを決めたら、画面のスタンプ以外の場所をタップするとスタンプが押されます。

出来上がったら、下の「決定」を押します。
すると、「テンプレート編集」の画面に戻ります。

印刷するときは、「印刷へ」をタップします。
すると、自動で保存されます。

もしスマホと接続できるプリンターがなければ、ここで「共有」マークをタップして、Googleドライブに保存したりメールでパソコンに送るとパソコンからも印刷できます。

スマホから印刷できるプリンターがあれば、印刷の画面になったら「※プリンターを選択してください」の部分をタップします。

すると、Wi-Fiの同じネットワークでつながっているプリンターが表示されるので、あればそのプリンターをタップします。

うちのはこのブラザーのプリンターの古い型です。
こちらは新しいタイプです。
やっぱりWi-Fiで印刷できるのが便利ですね。

次に「用紙種類」をタップし、印刷する用紙を選択します。

部数を確認したら、プリンターに年賀状をセットし、下の「印刷」をタップすると、印刷されます。

すると・・・
できましたー!

スタンプもちゃんと押されて、きれいに印刷できてます。
本当に簡単でしたー。

まとめ

今回ご紹介した「Brother 年賀状プリント」以外にも、年賀状作成ができるアプリはいくつかあります。

プリンターに対応したアプリなら、宛名まで簡単に印刷できます。

今年はスマホで年賀状を作ってみてはいかがですか?



関連



 - スマホ, 生活 ,