みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

奇跡?!洗濯機のフタがロックされて開かないのにどうにか自力で開けた話

      2017/09/28

みなみです。

洗濯機が壊れ・・・かけてます。
どんな具合かというと、突然電源が入らなくなるんです。

早く修理してもらえばいいんですよね。
実際に修理を依頼したんですけど、依頼したあとに、
普通に電源が入って使えるようになっちゃったんです。
それで一度キャンセルしてしまいました。

しかも、そのあとは1週間くらい普通に使えてたので、
あれはたまたまだったんだと思うことにしました。

ところが今朝、また電源が入らなくなっちゃいました。
しかも洗濯の途中だったので、フタがロックされてるらしく、フタが開きません。
どうしよう。
明日、どうしても使う予定の夫の消防団の制服なのに。
1着しかないんです。
なぜ前日に洗うんだと思われそうですが、昨日も制服を使って汗をかいたので、天気が良いから一度洗っておこうと思ったんです。

修理業者に依頼したとしても、多分当日は来てくれません。
しかもゴールデンウィークだし。

幸い、うちにはもう一台洗濯機があるんです。
それは古い2層式ので、義父が畑や庭仕事をして汚れた作業服を洗ったりするのに使っています。
ちゃんと使えます。
なので、もし洗濯機を修理に出してもなんとか家での洗濯はできます。

だけど、明日着る服を今日乾かすために今すぐに取り出したいんです!
それにはとりあえず、フタが開けばなんとかなる。

スポンサーリンク

中の洗濯物を取り出したい!

とりあえず中の制服を取り出さないと!
というわけで、フタをガチャガチャとやってみても開きません。
何かが引っかかってる感じです。
少しは開くんですけど。

こんなときはまず説明書を見よう。

で、説明書を出して、後ろの方にある「こんな症状のときは」みたいなページの
「電源が入らない」という項目を見ました。
そこに、「フタのロックがされた状態で開かないとき」という項目がありました!
これこれ!

えーと。
「電源を入れます」と。
→電源は入らないです。

「電源が入らないときは」の項目を見る。
「ブレーカーが落ちてませんか」
→落ちてない。

「コンセントが入っていないのでは」
→入ってるよ!

「修理を依頼しましょう」
→それじゃ制服が間に合わない!

これは・・・フタを壊すしかない?

「フタがロックされたなんとかかんとか」のページをよく見ると、
ロックピンというものがあるという図がありました。
それをどうしろとは書いてないけど、きっとその引っかかっているロックピンが外れれば開く!
と思ってフタを少し開けた状態で懐中電灯でその場所を覗いてみると、
確かに、フタの裏の出っ張りに穴が開いた部分にピンがささって、引っかかっています。

あれを押し込んで穴から外せば、きっと開く!
フタをできるだけ開け、ロックピンがある反対側のこちらの隙間から、
細い棒でロックピンを押すと…

・・・開きました!
やったよ!

開けてみると、ふたの穴とロックピンがよく見えます。

このピンはこのときはロックされている状態なので出ていますが、普通は出ていません。

フタが開いたのは奇跡?!

今回はいくつかの幸運が重なって開きました。

まず、説明書があったこと。
一回目に電源が入らなくなったときに、説明書を探して、
なかなか見つからなかったけど、やっと見つけました。
だから今日は説明書がすぐに見られました。

2つ目はその説明書にロックピンの図があったこと。
別にその図を使う場面の説明などは特にないのに。

3つ目はロックピンの位置が洗濯機の左側だったこと。
もし右側だったら、反対側は壁が近いので覗けないし、
棒が長くて隙間から棒を入れることができなかったと思います。

4つ目は細くて長い棒があったこと。
ピンが刺さってる穴に入らないと押し込めないので、定規みたいなのだとだめです。
意外とあんな細くて長くて、ピンを押し込めるようなものってなさそうですよ。

5つ目はロックの仕組みが簡単だったこと。
最近の機種だと、もっとメカっぽいロックみたいで、
解除コードのようなものが必要みたいです。
たぶんそれは、フタもピッチリ閉まってて、隙間もないんじゃないかな?
うちのはきっと原始的なロックだったんですね。

まとめ

電源が入らないという症状が直っている状態で見てもらっても、
原因が特定できないんじゃないかとか勝手に考えてました。
それに修理業者に来てもらうだけでも4千円かかるんですよ。
何も修理しなくても、出張費が。
だからプロが見れば症状が直ってもわかるとは思うし、
一度見てもらってもいいと思うんですけど、迷ってて結局まだ見てもらっていませんでした。

でも今回のことで、見てもらうことにします。
修理できれば修理します。
突然新しい洗濯機を買うのはちょっと出費が大きいので、
まずは修理して洗濯機貯金をしてから買いたいです。

2017/09/28 追記
この後修理を依頼したら、また電源が入ってしまってやっぱり業者さんも原因がわかりませんでした。
そして普通に電源も入るようになって、しばらくは使えてました。

ところが先日、久しぶりに電源が洗濯中に落ちてしまい、またフタのロックを開けて取り出しました。
修理業者さんにみてもらったところ、中の配線が切れかかっているということでした。
このまま使い続けると発火の恐れもあるということです。
その配線はもう製造終了していて交換できないそうなので、今回はついに洗濯機を買うことにしました。

それにしても、家電は10年は持たないんですね。
修理しようとしても部品の製造が終わってるものが多いので。
一部の部品のために新品に変えないといけないのはもったいないですよ。
できれば新しい製品にも使えるような設計にして欲しいです。

関連



 - 生活