みなみのブログ

スマホのおすすめの使い方や格安SIMなど生活のお役立ち情報を伝えます!

iPadを外に持ち出して通信する方法はどれがいいか考えてみる

   

最近は私はパソコンが壊れてからiPadを使っているんですが、私の使い方だと今のところやりたい事がiPadでほとんどできるので十分です。

ただ、iTunesは使えないので、iTunesが使いたい場合はパソコンが必要です。
たとえばファイルの管理や編集、音楽のバックアップなどです。

とはいっても、今年新しく提供されたiPadOS13からは、簡単なファイルの管理がiPadからできるようになったり、マウスも使えるようになり、さらにパソコンがなくても使えるようになった感じがあります。

というわけで、今までは外出の際にパソコンを持ち歩いていた方も、もしかするとiPadやiPad Proだけで済んでしまうかもしれません。

そうなると、iPadでのネット環境をどうするかが問題になると思います。
Wi-Fiだけで利用するか、モバイル通信を利用するか。

今回はiPadを外で通信する方法を考えてみました。

もしこれからiPadを購入しようと考えているなら、どっちのモデルにするかの参考にもしてみてください。

スポンサーリンク

iPadを外でWi-Fiに繋ぐ方法

iPadのWi-Fiモデルしかない場合でも、外でWi-Fiに繋ぐ方法はいくつかあります。
これらを利用するには別に契約が必要なものや、すぐに利用できるものがあります。

利用するスタイルに合うものを選んでみてください。

1.フリーWi-Fiで通信する

フリーWi-Fiは、カフェや様々な施設など使える場所がどんどん増えています。
なので、そういった場所でだけ通信できれば問題ないのなら、Wi-FiモデルのiPadで大丈夫です。

フリーWi-Fiといえばコンビニなどでも使えますが、パスワードを入力しなくても利用できるWi-Fiは注意が必要です。

というのは、パスワードがいらないWi-Fiは何のガードもない、誰でも同じネットワークに繋がっているものなので、悪意のある誰かに大切なデータを覗かれてしまう恐れがあるからです。

なので、本当に緊急で通信が必要なとき以外はパスワードがあるフリーWi-Fiを使うようにするといいです。

2.モバイルWi-Fiで通信する

モバイルWi-Fiとは、持ち歩くWi-Fiルーターのようなものです。
家で使っているWi-Fiがそのままどこでも持ち歩けたら便利ですよね。
それがモバイルWi-Fiです。
こちらは月額の利用料がかかります。

家で使うWi-FiルーターをモバイルWi-Fiにすれば、まさに家で使っているWi-Fiルーターを持ち歩くことができます。

最近はそうしている方も多くなってきています。

モバイルWi-Fiのメリットは、月額定額でモバイル通信もできることです。
もちろんiPadだけでなく、iPhoneなどのスマホもWi-Fiで利用できるため、通信量の節約もできます。

デメリットは、モバイルWi-Fiの機器を持ち歩く必要があることと、バッテリーの持ちを気にしないといけないこと。
忘れてしまうともちろん利用できません。

そしてこれは重要なことですが、モバイルWi-Fiの性能に違いがあり、各社で繋がりにくい場所や通信の品質に差があることです。
やっぱり今はまだ光回線の家のWi-Fiが安定していると思います。

そのためモバイルWi-Fiはどれを選ぶかが重要になります。

3.デザリングで通信する

iPadはほとんど外では利用しないけど、本当にたまに持ち出すという場合は、スマホのデザリングでいいと思います。

デザリングとは、簡単にいえばスマホをWi-Fiルーターにするということです。

iPhoneの場合は「設定」ー「インターネット共有」を「オン」にし、表示されたパスワードをWi-Fiを使いたいiPadなどで入力すればWi-Fiが使えます。

デザリングを利用する際は申し込みが必要だったり、別に料金がかかる場合があります。

今調べてみたところ、ドコモはspモードを申し込んでいればデザリングが無料で利用できるようです。

ちなみに私が利用しているIIJmioでは申し込みや別途料金などはなく、すぐにデザリングできます。
ただし、以前使っていた白ロムのドコモのXPERIAでは、SIMロックのせいかわかりませんが、IIJmioではデザリングできませんでした。

デザリングをすると、ルーター代わりになっているスマホのデータ量が減ります。
あまり多く使う場合は、スマホのデータプランを多いものに変更するのもいいと思います。

デザリングについて、詳しくはスマホを契約している会社のホームページなどで確認してみてください。

スポンサーリンク

iPadにSIMを挿して通信する

iPadのセルラーモデルなら、スマホのようにSIMを挿せばどこでもモバイル通信で利用できます。
移動中やWi-Fiの無い場所でも、常にiPadだけで通信できる状態になります。

これからiPadのセルラーモデルを購入するのなら、できればSIMフリーモデルがおすすめです。
SIMフリーモデルならどの通信会社のSIMでも使えるからです。

大手キャリアのSIMだと、だいたいはスマホの料金プラン+約1,000円くらいです。
ドコモなら一つの料金プランで一台のSIMを追加できます。

それだとスマホの毎月のプランのデータ量を分けてもらって通信するプランになります。

スマホからデータ量を分けてもらうのでなくて、iPadだけを別に契約するとちょっと高くなってしまいます。
だったらスマホのデータプランを今より多いものに変更して分け合った方がいいと思います。

格安SIMのIIJmioではSIMの追加だけでデータ量は分けてもらうのなら、SIMの追加料金は月額400円です。

格安SIMを利用したい場合は、キャリアのiPadだとSIMロックがかかっていると思うので、ショップなどでSIMロック解除してもらうか、同じキャリア系列の格安SIMを使えば利用できます。

まとめ

iPadを外で使う方法はこんな感じです。

外出先でiPadを利用する頻度や使い方によって、通信方法を選ぶといいですね。

関連



 - iPhone, 格安SIM , , , , , ,